中古別荘は何といっても価格の安さが最大のポイント


圧倒的に安い中古別荘の価格

別荘の値段はピンからキリまでありますが、土地だけを買うのではなく建物を建てるとなると建築費がかかるため基本的に1000万円以上のコストがかかります。しかし、中古別荘を買うという事は、土地代は必ずかかるもの建築費はまったくかからないため価格相場が大きく下がります。特に築30年以上経過したような物件は大幅に値段が下がる傾向ですが、日本がバブル期だった1980年代に建てられた物件は築30年を超えてきています。そして、バブル期に建てられた物件の数は相当多いため、売る場合に安い価格設定をしないと売れない地域もあり、古い中古別荘は驚くほど安い価格で購入可能です。

500万円以下でも良いものが買える

古い別荘はどれくらい安く買えるかというと、敷地面積が狭い物件に関しては人気別荘地においても500万円以下の物件がゴロゴロあるような状態です。しかも建物は30年以上経過していても、まだまだ長く住めそうな物件も多く、頑丈な作りの物件は特におすすめといえます。ちなみに500万円以内で買えるような別荘は庭が狭い傾向ですが、庭で色々な事をしたい場合は、価格1000万円クラスの広い敷地の物件を購入するのが良いでしょう。

予算より500万円低い物件を買う

別荘という毎年の税金や管理コストが気になっていまいち買う気にならない人も多いと言われます。しかし、中古別荘の価格が下がっていて良い物件が安く買える状況をふまえ、予算より500万円低い物件を買うというのはどうでしょうか。そして、浮かせた500万円を利用して維持にかかる税金を払ったり、修繕費を払ったりする形をとれば、維持・管理コストが心の負担になる事はありません。

中古の別荘は築年数が経過しているけれど居住するには問題のない建物です。物件情報は広告媒体に掲載されています。