賃貸の候補の物件が少な過ぎ!?その原因は検索方法が問題かも


絞り込み条件にいくつもチェックを入れるのはNG!

現代の賃貸物件を探す方法として一番手軽な方法が、賃貸情報サイトでweb検索することです。思い立ったその場で日本全国のあらゆる物件を探すことができるからです。あまりにも取扱い物件数が多いため、絞り込み条件の選択肢のチェックボックスになんでもかんでもチェックを入れてしまうと、該当件数が極端に少なくなってしまうことがあります。それでは、優良物件の取りこぼしにもなってしまうため得策とはいえません。

家賃の上限金額を変更して検索してみよう!

たとえば、家賃の予算でいくらからいくらまでと金額を設定した場合、範囲を狭くするとその分ヒットする件数は少なくなります。最初から家賃の上限金額を決めてしまうと、それ以上の家賃の物件は目にしないまま終わってしまいます。となると、あと1,000円で理想通りの物件に出会えたとしたらガッカリですよね。しかし、妥協して選んだ物件に入居して住み出してから、そのような事実が判明して残念な思いをしている人が実際にいるのです。

家賃は絶対的なものではない!交渉次第で値下げも

たとえば、予算オーバーの物件があったがフリーレント期間が設けられていたので、トータルで支払う金額は変わりないということがあります。また、高めの家賃でも、公開から長い期間が経過しているような場合はできるだけ空白期間を作りたくないため、長く住んでくれる人に対して家賃を値下げしてもらえることもあり得ます。仲介会社の担当者が大家さんに交渉してくれることもあるため、良い物件を見つけたいと考えているなら、検索するときの家賃の予算に幅を持たせてみることがおすすめです。

札幌の賃貸マンションが評判が良いのは、それだけ、魅力的なポイントがあるからといえるでしょう。立地の良さや都心と比較した場合の賃料の安さなどが挙げられます。