どうやって決めればいいの?店舗デザインのノウハウ紹介


店舗デザインはどうやって決める?

店舗デザインはいわゆる店舗設計なので、ある程度決まっているデザインから個性を出すデザインまで幅広く自分たちで設計することができます。このためどのように決めればいいのかわからないという人も多いのですが、店舗デザインを決める上で重要なのは「店舗の業種」と「店のコンセプト」です。

それらのポイントを踏まえた上で、何のための店舗デザインを考えるのかを意識していくことが重要だと言われています。

コンセプトによって異なってくる内装

店舗の内装はその雰囲気や色合いによって視覚的に与える影響は決して少なくないため、コンセプトに沿った内装やカラーリングを意識していく必要があります。例えば落ち着く雰囲気を演出したいのであればパステルカラーの内装が好まれていますし、逆に刺激を与えたい場合には原色を取り入れた内装にしておくと視界から影響を受けるので購買意欲などを刺激されやすいです。

ほかにも女性向けのコンセプトであれば可愛らしいシックなデザインの内装が好まれるなど、店舗のコンセプトやターゲットを踏まえて内装を検討します。

業種によっても店舗のデザインが異なってくる

さらに店舗デザインを考える上で重要となってくるのが、店舗の業種です。

例えば飲食店の場合は清潔感を重視した内装やデザインを考慮する必要があるほか、テーブルや椅子などの配置やデザインも踏まえて考える必要があります。また販売店であれば販売する商品のレイアウトももちろんですが、購買意欲を引き立てるカラーリングやデザインを考えていかなければいけません。

また業種によっては仕事をする上で必要な設備などを設置するスペースも必要なので、店内から見えるようにするのかどうかなどのレイアウトも検討することが大切です。

店舗デザインなら完成するまでの期間や、その流れ、および費用といった出店の際に考慮すべき知識を持つ必要があります。