引っ越しを考えているなら札幌元町で賃貸住宅を探そう!


札幌元町ってどんな街なの?

札幌元町は札幌発祥の地としても知られています。元町は北海道札幌市東区の一部を指していますが、公称町名ではありません。しかし、公称町名として使われなくなってからも学校や地区の名称として残されています。そんな札幌元町の歴史は、北海道の開拓使として1866年に農民を入植させ「元村」という村を作ったことをきっかけに始まります。1870年には新潟県柏崎市から移住した人々が作った「札幌新村」ができ、その翌年には元村と札幌新村が合併したことで札幌村という名称に変わりました。その後、1955年に札幌村と札幌市の合併をきっかけに「元町」と呼ばれるようになったのです。札幌元町では小学校や中学校といった教育機関があるほか、図書館もあり、子育てをするのには困らない環境であるということができるでしょう。

駅から近い物件のメリット

駅から近い物件のメリットとしては、まず、交通の便が良いということを挙げることができます。駅から遠い場合、天気が悪い日の外出は大変であったり、場合によっては車を購入する必要も出てくるでしょう。しかし、駅から近い場合は車を持っていなくてもすぐに出かけることができます。また、夜遅くなった場合でも明るいため、安心して帰宅することが可能です。天候の悪い日でも歩いてすぐのところに家があるというのは便利ですよね。

札幌元町に住んでみよう

歴史がある札幌元町ですが、物件を探しているなら駅から近いところが便利です。新築物件やデザイナーズ物件など、ざまざまな賃貸物件を見比べて自分に合った住宅を見つけましょう。

元町の賃貸の特徴は、昔ながらのレトロな雰囲気のある建物からオートロック完備などセキュリティ対策も万全の部屋まで様々な物件が揃っていることです。