店舗デザインや雰囲気を考えるときに必要な知識


デザインは誰に任せるか

店舗デザインをする場合には、まず業者選びが重要になってきます。業者選びといっても様々なところがありますが、ハウスメーカーではなかなか行ってくれませんので、店舗デザインを専門的に行っている業者に依頼するのが良いでしょう。

店舗デザインを積極的に行っている業者の特徴は、ホームページなどを見れば確認することができます。単にデザインをするだけでなく、その会社の人の中にコンサルタントのような位置づけの立場の人がいれば尚良いアドバイスをくれるに違いありません。コンサルタントが重要な理由は、店舗の方向性を決定づける立場でもあるからです。つまり、依頼者が間違えた方向で依頼をすれば、それを修正していくことになり結果的に売り上げが伸びる可能性もあります。

雰囲気を作り出すには

店舗デザインをするときに重要なことは、お客さんの視点からお店の雰囲気を考えることになります。初めてお店を開く場合には、自分の頭の中のデザインが先行してしまい、お客様が求めている雰囲気を無視することになりかねません。

大事な事は、どうしたらお客さんがお店の中でリラックスして過ごすことができるかあるいは楽しんで過ごしてくれるかを考えることにあります。そこから逆算して、どのようなお客さんを獲得するべきかまで掘り下げてそれぞれを店舗デザインや雰囲気と一致させることが重要です。そのためには、自分がこれから出そうとしているお店の参考にするために、他の店舗の雰囲気を見て回ることが必要です。特に、人気のあるお店をよく観察して、入り口はどのようになっているか、室内の雰囲気はどうかなどといった点を見ていきましょう。

内装デザインは何を販売する店かによって大きく異なります。食べ物を扱うなら、清潔感にも気をつける必要があるでしょう。