敷金や礼金の役割は?交渉でお得に契約できることも


必要経費の役割をチェック

賃貸契約の時に支払いが求められることが多いのが敷金と礼金。まず敷金についてですが、こちらは保証金のような役割を持つのが特徴です。例えば、家賃の支払いが遅れた時の補填として使われたり、退去する際の修繕費用として使用されたりします。特に何も問題がなければ退去する際に戻ってくるお金です。ちなみに、物件によっては敷金が不要なところもありますが、そうした物件の場合、退去時に部屋の修繕が必要になった時に支払いをしなければいけませんので注意しましょう。場合によっては出るに出られない状況になることも考えられます。

一方の礼金ですが、こちらは謝礼としての役割、あるいは大家さんから不動産会社への宣伝広告費として支払われることのある費用です。使途が曖昧な点があり、また、古い慣習なこともあって廃止するケースも増えているようです。

礼金はカットできる可能性がある

お得に契約をしたい場合、礼金のカットにトライしてみるのも良いかもしれませんね。敷金は保証金としての役割を備えていますので、カットすることは難しく、それに戻ってくる可能性があるお金ですからあまりカットする意味がありません。一方の敷金は支払いが必須な存在ではないと考えられていることもあり、交渉次第で無くしてもらえる可能性があるのです。礼金だけで家賃の2ヶ月前後の負担が発生することが多いですから、それが無くなるのは大きなメリットになるのではないでしょうか。とは言え、その判断は相手に委ねるしかありませんので、「無くなったらラッキー」程度に考えておくのが良いかもしれません。

冬の札幌市には地下鉄は強い味方です。外は猛吹雪でも地下鉄は関係なく運行しています。菊水の賃貸物件は地下鉄駅の近くに多くあります。